2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728

彫付「十草茶碗」小(箱入り)

:
:
:
価格

1,728円 (税込)

個数

十草(トクサ)
十草とは、元々、お寺の庭園でよく目にする小さい竹のような植物、 木賊(とくさ)科の常緑のシダ植物に由来します。 飽きることのない柄は器の模様として昔から愛され続けています。 木賊の漢字が「トクサ」と読まれることが少なく、 より一般的により親しみやすい「十草」という漢字が使われるようになったといわれます。 真上に向かい成長する十草の力強さに、成長・繁栄を願う験担ぎとして、 江戸の時代より変わることなく愛されているデザインです。
top-image2
D8I8057
ブランド
彫付
生産国
日本/愛知県/瀬戸市
サイズ 
φ120mm×H52mm
素材 磁器(白磁)
カラー
備考 ・本製品は強い衝撃により破損することがあります。切傷などの恐れがありますので大切にお取り扱いください。
・テーブル等の上で製品を引きずらないでください。汚れや傷の原因となる場合があります。
・ご使用後はスポンジ等で速やかに洗い、よく乾燥してから収納してください。カビ等の原因となることがあります。
・上絵製品はスチールたわしやクレンザーなどで洗浄すると加飾部分がはげたり傷をつけることがあります。
「彫付」は、瀬戸・美濃地方の陶磁器生産、特に製造技術を最大限に生かしたダイニングウェアのブランドです。私たちは先人達が積み上げてきた技術を陶磁器文化の更なる可能性と発展に挑戦し、社会に還元していきます。 古くから日本の陶磁器の加飾には、染付や上絵等の技法が用いられてきました。その模様は、当たり前すぎて見過ごしてしまいそうなくらい、日本人の意識に深く溶け込んでいます。 私たちは、長年、陶磁器製造、特に型の製造で培ってきた技術を生かし、日本の陶磁器に施されてきた模様を原型の段階から彫込むことで、新たな表現を生み出しました。さらに素地の仕上げや透明釉薬へのこだわりなど、今までの大量生産の流れから少しはずれ、より手間をかけてつくることにより、一層繊細で洗練された商品に仕上げています。

Page Top