2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

SIWA|紙和/ランチバッグ (イエロー/グレー) 【限定】

:
:
:
価格

3,024円 (税込)

個数

紙でできたモノ
株式会社大直が展開する紙で出来たプロダクトシリーズ『紙和』。 同社が開発した『ナオロン』という特殊な和紙は、紙でありながら耐久性に優れ、水にも強いという性質を持っています。 この「ナオロン」を使って作られたバッグは10kgの荷重にも耐え、傘などの濡れたモノを入れても破れる心配はありません。
SIWA|紙和 とは
「SIWA | 紙和」という名前は、紙のシワと和紙の反対読みの紙和という意味があります。 和紙を丹念に精製し、ひとつひとつ、布や革と同じように丁寧にミシンで縫製し、 さらに素材の強度をより高めるため、袋縫いの二層構造に仕上げています。 「ナオロン」は、使い込むほどにシワも入り風合いが増し、革のような、しなやかな質感が楽しめる新素材。 それでいて非常に軽く、また、手で触れたときの感触の良さは和紙という素材ならではのもの。 決して使い捨てではなく、長く、心地よく使い続けられる日常品です。
デザイナー「深澤直人」の思い
くしゃくしゃにすることで風合いがでるこの紙の特徴に気付きました。 和紙というとどうしても工芸的な製品をイメージしがちですが、 むしろそれを今のファッションやライフスタイルにあった一つの素材として捉え、 その優しさと日常性を生かしたを製品をデザインしたいと思っています。 和紙というイメージにこだわり過ぎない方がかえってその素材のもつ機能や味わいを今の生活に生かせるのではないでしょうか。
ブランド
SIWA|紙和
生産国
日本/山梨/市川大門
サイズ
H180×W200×D95mm (内ポケット付き)
素材 RPFナオロン
色柄 グレー/イエロー
備考 〔使用上のご注意〕
・形を整えてお使い下さい。
・濃色は多少色落ち、色移りする事がありますのでご注意ください。
・水洗いしないでください。
・汚れを落とす際は硬くしぼった布をご使用ください。
・アイロンは使用しないでください。
・高温のものには触れないようにしてください。
・濡れたものにより変色する場合があります
千年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー 大直が、紙の可能性を広げる日常品「SIWA|紙和」シリーズを 工業デザイナーの深澤直人さんと一緒につくりました。 深澤さんは大直が開発した破れない障子紙「ナオロン」を、 くしゃくしゃにすることで新たな風合いがでることを見いだし、 その優しさを生かした日常品のデザインを提案しました。 「SIWA|紙和」という名前は、紙のしわと和紙の反対読みの紙和と いう意味があります。 和紙を丹念に精製し、革を縫製するようにひとつひとつ丁寧に 生産しています。
深澤 直人/Naoto Fukasawa
卓越した造形美とシンプルに徹したデザインで、イタリア、フランス、ドイツ、スイス、 北欧、アジアなど世界を代表するブランドのデザインや、日本国内の企業のデザインやコンサルティングを多数手がける。電子精密機器から家具・インテリアに至るまで手がけるデザインの領域は幅広く多岐に渡る。 「行為に相即するデザイン」「意識の中心」「ふつう」「輪郭」「典型」など、自らのデザイン哲学をこれらの言葉で表わすとともにデザインの具体を通してその実践を続ける。デザインのみならず、デザインを通して対象の本質にせまる力、その思想や表現などには国や領域を超えて高い評価を得ている。 人間の意識していないときの行動の中にデザインのきっかけがあることを見い出し、それを「Without Thought(思わず)」と名付けた。1999年からはその名を使ったデザインワークショップを毎年開催し、書籍とともに発表を続けている。

Page Top