2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

SIWA×ミナ ペルホネン/パスケース pacific

:
:
:
価格

5,184円 (税込)

個数

SIWA × URUSHI
日本の伝統産業を融合させた「SIWA × URUSHI」シリーズ。 2015年、世界的に有名なテキスタイルデザイナー ミナ ペルホネンのテキスタイルよりletter of flower、skyful、pacificの3柄が登場しました。

※本製品は柄の取りによりそれぞれ個体差がございます、商品写真と柄の位置が異なる場合がございます。
「漆」と「和紙」
本来は鹿革にのみ印刷が可能である漆印刷技術を、「ナオロン」に特殊加工を施すことで和紙に細かな漆をのせる印刷を可能にしました。 和紙を丹念に精製したあと、1枚1枚熟練した職人が手刷りによって印刷を施しています。細かな柄で表現された漆を和紙にのせる技術は大変難しく、奈良県の漆職人の手により受け継がれてきた伝統の技術に新しい技術開発を加えることで実現できました。細かな柄の表現も独自の技術開発により実現しました。 「和紙」と「漆」の持つ 手触り感、素材強度、日本独自の技術を世界中の人々のくらしの中で使っていただけることができたらという願いが込められています。
minä perhonen/ミナ ペルホネン
1995年にデザイナーの皆川 明により設立。 オリジナルの図案によるファブリックを作るところから服作りを進める。国内外の生地産地と連携し、素材や技術開発にも精力的に取り組む。 近年は家具やテーブルウェアなどのインテリアプロダクトや、ステーショナリーなどファッションの領域を越えたデザインプロダクトも発表。 東京スカイツリー®や青森県立美術館、金沢21世紀美術館のユニフォームデザインを手がける他、 フランスのdiptyqueとのキャンドルや、バレエブランドRepettoとのシューズを発表するなど、コラボレーションも多数。 ブランド名は、フィンランド語で「minä」は「私」、「perhonen」は「ちょうちょ」を意味する言葉。 蝶の美しい羽のような図案を軽やかに作っていきたいという願いを込めている。
ブランド
SIWA×minä perhonen
生産国
日本/山梨
サイズ
H70×W105
素材
色柄 gray/brown
漆のお取り扱いについて
  • 独自の技術により和紙に漆の印刷を施していますが、使い続けることで和紙から漆が剥がれることがあります。
  • 一度漆がはがれると、その場所からさらに漆が剥がれることがあります。
  • 製品を強く折ったり、引っ掛けたりすると漆が割れたり剥がれたりすることがあります。
  • 漆は自然素材のため、漆の色味は製品によって様々です。
  • 体質等によりごく稀にカブレが生じることがあります。
  • その場合は使用を中止して、医師にご相談ください。
  • 雨や水に濡れると風合いが変化したり、衣服へ色うつりすることがあります。
  • 長時間日光に当たると色あせや色が変化することがあります。
備考
  • 形を整えてお使い下さい。
  • 濃色は多少色落ち、色移りする事がありますのでご注意ください。
  • 水洗いしないでください。
  • 汚れを落とす際は硬くしぼった布をご使用ください。
  • アイロンは使用しないでください。
  • 高温のものには触れないようにしてください。
  • 濡れたものにより変色する場合があります。
千年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー 大直が、紙の可能性を広げる日常品「SIWA|紙和」シリーズを 工業デザイナーの深澤直人さんと一緒につくりました。 深澤さんは大直が開発した破れない障子紙「ナオロン」を、 くしゃくしゃにすることで新たな風合いがでることを見いだし、 その優しさを生かした日常品のデザインを提案しました。 「SIWA|紙和」という名前は、紙のしわと和紙の反対読みの紙和と いう意味があります。 和紙を丹念に精製し、革を縫製するようにひとつひとつ丁寧に 生産しています。
1995年にデザイナーの皆川 明により設立。 オリジナルの図案によるファブリックを作るところから服作りを進める。国内外の生地産地と連携し、素材や技術開発にも精力的に取り組む。 近年は家具やテーブルウェアなどのインテリアプロダクトや、ステーショナリーなどファッションの領域を越えたデザインプロダクトも発表。 東京スカイツリー®や青森県立美術館、金沢21世紀美術館のユニフォームデザインを手がける他、 フランスのdiptyqueとのキャンドルや、バレエブランドRepettoとのシューズを発表するなど、コラボレーションも多数。 ブランド名は、フィンランド語で「minä」は「私」、「perhonen」は「ちょうちょ」を意味する言葉。 蝶の美しい羽のような図案を軽やかに作っていきたいという願いを込めている。

Page Top