2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

薫玉堂/香袋 醍醐の桜

:
:
:
価格

864円 (税込)

個数

薫玉堂の香袋
京都の老舗 お香ブランド「薫玉堂」の香袋は、薫玉堂オリジナル線香の香りをそのままに香袋で再現されています。 袋の生地には手績み手織り麻を使い、それぞれの香ごとにイメージする色に染め上げられています。 クローゼットやシューズクローク、鞄に忍ばせたりと ほんのり上品な移り香をお楽しみください。 立派な紙箱に入っているのでちょっとしたプレゼントにもお使いいただけます。
京都由来の香りをお楽しみください
香は全部で5種類、それぞれに京都をイメージさせる香と名前がつけられています。

北野の紅梅 (きたののこうばい)・・・淡雪の中で凛と咲く紅梅を思わせる高潔な香り。
醍醐の桜 (ごだいのさくら)】・・・白檀と桜皮をベースに調合した瑞々しく可憐な香り。
祇園の舞妓 (ぎおんのまいこ)・・・立ち舞う袖に乗って漂うおしろいのような甘い香り。
宇治の抹茶 (うじのまっちゃ)・・・抹茶に白檀や桂皮を調合した、宇治の銘茶特有の馥郁たる香り。
音羽の滝 (おとわのたき)・・音羽の山中から湧き出る清らかな滝をイメージした涼しげな香り。
薫玉堂とは
桃山時代文禄三年(1594年)、薫玉堂は本願寺前の現在の地で、薬種商として暖簾をあげました。 御香調進所として、御本山・本願寺をはじめ全国各宗派御本山、御寺院へお香を納め今日に至ります。 創業以来400余年の伝統を受け継ぎ、京の代表的な香老舗として長年の伝統を守りながら独自のやさしいかおり創りに取り組む由緒正しいブランドです。
ブランド
薫玉堂
生産国
日本/京都
サイズ
本体/約45×55mm
紙箱/55×85×23mm
素材
  • お香
  • 麻(袋)
  • 綿(房)
色柄 ピンク
備考
  • シミの原因となりますので、衣装に直接触れないようにご使用ください。
  • 乳幼児の手の届かない所に保管し、誤って口に入れない様にご注意ください。
  • 用途以外には使用しないでください。
桃山時代文禄三年(1594年)、薫玉堂は本願寺前の現在の地で、薬種商として暖簾をあげました。 創業者、負野理右衛門は、幼少の頃より香木や一定の作法にもとづき、かおりを楽しむ香道に強い関心をいだき志野流香道に入門し、その稽古にはげみました。その後、志野流香道を代々引継ぎ、沈水香木の鑑定や香材の研究に没頭し、薫物商としての薫玉堂の基礎を築きました。 その頃より御香調進所として、御本山・本願寺をはじめ全国各宗派御本山、御寺院へお香を納めさせていただき今日に至っております。創業以来400余年の伝統を受け継ぐ弊店は、京の代表的な香老舗として長年の伝統を守りながら独自のやさしいかおり創りに取り組んでおります。

Page Top